知りたい調べる

気になる事はここで答えをGET

合コンを成功させるテクニック!

      2017/01/15

あなたは男性ですか?

それとも女性ですか?

もしあなたが女性であるならば

このページは閉じてください。

男性の本心が見えて

あまりいい気持ちにならないでしょう!

もしあなたが男性であるのであれば

ぜひ読み進めて頂きたい。

スポンサードリンク

 

合コンの目的はなに?

あなたが合コンをする目的は何ですか?

楽しく女の子と飲みたいから?

彼女を作りたいから?

可愛い女の子とエッチをするため?

おそらく多くの男性諸君は

かわいい女の子と知り合って

エッチをすることが1番の目的でしょう!

ですから彼女がいても平気で合コンに行きます。

 

合コンでお持ち帰りするために必要なこと

7c05eb484272df3f5fe79894362615ac_s
合コンの目的がかわいい女の子と知り合って

エッチをすることであることは共通の目的です。

そのためには女の子に気に入られる必要があります。

時間とお金と気遣いの初期投資が必要になります。

もし合コンでターゲットとなる女の子がいない場合は

早々に合コンを切り上げるようにした方がよいでしょう!

しかしながらここで注意しなければいけないのは

あからさまにハズレ合コンであったことは

悟られないようにしなければなりません。

なぜならば世間は狭いものです。

今回の合コン相手の女が

どこでかわいい女の子と繋がっているかわかりません。

逆にかわいい女の子がいた場合には

時間、お金、気遣いを総動員してください。

なぜならば

かわいい女の子の周りには

かわいい女の子が必ずいるからです。

万が一この合コンで持ち帰ることができない場合も

今後かわいい女の子と繋がることができます。

下手な合コンを数多くやるよりも

かわいい女の子の周辺で合コンをやる方が

ヒット率は格段にあがるのです。

 

合コンでモテる男とは

5f2f150df84e64d3829a832b3db5c156_s
普段の生活から恋愛に発展することに比べて

合コンでは肩書きが重要になります。

なぜならば知り合って会って間もない人のことを

簡単に理解できるはずがありません。

ですから外見などの容姿も含めた

肩書きが重要になるのです。

容姿をはもちろん簡単には変えることはできません。

でも肩書きは”脚色”を加えることができます。

合コンはある意味化かし合い的なところがあります。

当然ですよね。

初対面の人に本心ばかり言う人間なんていません。

合コンは男女の恋愛ゲーム的なところがあります。

ある程度自分の肩書きを”脚色”することをお勧めします。

スポンサードリンク


女は肩書きに弱い

女の子は男性より現実的です。

なにが現実的かというと

お金に対して現実的です。

どんなにかっこいい男でも

やはりお金がない男と付き合うのはムリ

と考えています。

逆にお金がなくてもイケメンであれば

付き合うのはムリだけど抱かれてみたい

と思う女も多いのは事実です。

なんとも理不尽な話ですが

この逆を行えばお持ち帰りは成功しやすくなります。

どういうことかと言うと

あなたが学生なのであれば

コンパをしたい大学というのがありますよね。

そこの学生であると脚色をするとモテます。

社会人であれば職業を脚色しましょう!

結局女もその人を見て好きになるのではなく

肩書きを含めて好きになるのです。

嘘をつくのは・・・

と思ったあなた!

確かに嘘はいけないことです。

あくまでもこれは

”脚色”とあなたの中で位置付けましょう!

可愛くない女の子に

あなたはエッチをしたいがために

平気で”かわいい”と言ったことはありませんか?

それと同じ程度のことです。

なぜならはコンパの目的は

かわいい女の子と知り合ってエッチをすることだからです。

あなたの合コンの目的が違うところにあるのであれば

この”脚色”は考えた方がよいかもしれません。

でも一つだけ最後に言っておきますと

女の子もコンパの後に

”イケメン揃いだったけど金持ってなさそうでないわ

などの会話を平然としています。

でも表面上は楽しそうに飲み会を楽しんでいるのです。

まずはあなたが合コンにいく目的を

あなたの中ではっきりさせれば

必ず目的とすることは達成できるようになります。

スポンサードリンク

 - 合コン

  関連記事

7e99eba17cf04f0ba38a0489ff4cd518_s
モテたい大学生は必見!!モテる男はどんな男かを教えます。

男である以上女の子に モテたい気持ちを持つことは当然です! むしろ女の子にモテた …