知りたい調べる

気になる事はここで答えをGET

日焼けが肌にもたらす悪影響

      2017/05/06

c6db37d50ebe8e723c9f491f032ef39b_s
 

あなたは日焼けをしたい派ですか?

それともできるだけ日焼けはしたくない派ですか?

夏になると色が黒い方がカッコよく見えます。それは男性、女性を問わず夏という季節には色の黒い人の方が映えるものです。

実際夏になると肌の色が黒い方がモテます。でも本当にとれでいいのですか?

日焼けは肌に多大なダメージと悪影響をもたらしています。何も対策をしないと大変なことになります。

スポンサードリンク


日焼けの原因となる紫外線とは

 

日焼けをした肌が赤くなったり黒くなったりするのは紫外線の影響です。でも一言で紫外線といっても紫外線には種類があるのをご存知ですか?

紫外線には大きく分けて3つの種類があります。
  • UV-A:皮膚の深部に届く
  • UV-B:オゾン層で吸収され地上に届く量が天候、季節に左右される
  • UV-C:大気層で吸収され地上には届かない
上記の様にUV-Cは地上に届きません。

日焼けに関係する紫外線はUV-AとUV-Bの2種類です。

特に夏はUV-Bの量が増えます。それは夏にはオゾン層が薄くなるためにオゾン層で吸収される紫外線の量が少なく、地上に到達する紫外線の量が増加するのです。ちなみに日焼けをすると肌が赤くなる原因はUV-Bであると言われています。日焼けの原因になるだけではなく、このUV-Bは皮膚がんに関係することが知られています。このUV-Bを大量に浴びることは皮膚がんの発症リスクを上昇させることが知られています。

ではUV-Aは肌に影響しない紫外線なのでしょうか?UV-Aはオゾン層や雲などで吸収されることはなく地上に到達します。このUV-Aは皮膚の深いところまで到達しシミやたるみの原因になることが知られています。若い時には気になりませんが、若いときに与えた皮膚へのダメージが歳を重ねたときにしみとなって現れてくるのです。

 

日サロや海で肌を焼く=しみやたるみを作っている

といっても過言ではありません。

この様に一言で紫外線と言っても紫外線には種類があります。

 

日焼けによってメラニンが増加する

 

メラニンというコトバは耳にしたことがあるでしょうか?

日焼けの原因である紫外線は皮膚がんのリスクになると言われているように肌にとって有害であり、遺伝子であるDNAを損傷させます。日焼けをすると肌が黒くなりますが、それはメラニンの影響によるものです。皮膚に紫外線があたると数日後から色素細胞がメラニンを作り始め周囲の細胞に広がります。そして紫外線が細胞を傷つけないように守る役割を行います。

 

日焼けによる肌の影響は個人差が大きい

 

あなたは日焼けをすると肌が赤くなるタイプですか?

それとも日焼けをすると肌が黒くなるタイプですか?

 

日焼けにも2つの段階があります。
  • サンバーン(SUNBURN):赤くなる日焼け(炎症)、日焼けしてすぐに現れ数日で治る
  • サンタン(SUNTAN):黒くなる日焼け(色素の沈着)、日焼けから数日経過して現れ色素が数ヶ月残る
赤くなるサンバーンには前述のUV-Bが強く関係し軽いヤケドをした状態です。一方肌が黒くなる日焼けのサンタンはUV-Aが関係しています。このUV-Aは皮膚の深部まで侵入してきますので、将来的にしみやたるみを作りますので、どちらのタイプの日焼けも肌にはかなりのダメージを与えていることになります。

ではなぜ人によってこの様な差が出てくるのでしょうか?
その理由はもともとの人間の皮膚の色や種類は様々であるからです。白人、黄色人種、黒人の肌の色の違いはメラニン色素のためであり、メラニンが多いほど肌の色は黒くなります。それに加えてメラニンの多い人種ほど紫外線に対して抵抗性があります。白人は紫外線を浴びても赤くなるだけで褐色にはなかなか変化しません。日本人は黄色人種です。黒人と白人の中間点であり、国際的に肌のタイプは6段階に分かれていますが、日本人はその中間に位置しています。
bunrui 引用元:紫外線環境保健マニュアル2015

日焼けにより“黒くなる”タイプの人はタイプⅣであり、日焼けしても“赤くなるだけ”の人はタイプⅡに該当します。

このタイプⅡに該当する人はタイプⅣの人に比較してDNAを守ってくれるメラニンが生成されにくいので、より紫外線対策を意識して行う必要があります。

一方で、タイプⅡに該当する人も紫外線に対して抵抗があるからと安心はできあせん。私たちは皮膚がまだ弱い子供の頃に大量の紫外線を浴びています。紫外線によるDNAのダメージはすぐに現れるのではなく、何年も、何十年も経過してから現れるのです。そのため若い時に日焼けをガンガンにしていた人が年齢を重ねたときにシミが増えるのです。

スポンサードリンク


まとめ

 

日焼けの原因である紫外線の浴び過ぎは肌に多大なダメージを与えます。見た目に美しくないシミやたるみを作るだけではなく、命に関わる皮膚がんの発症リスクをあげます。自ら日焼けをガンガンに行うことは自殺行為と言わざるを得ません。

しっかりと日焼け紫外線の対策を行ってキレイな肌を保ちたいですね。

 

スポンサードリンク

 - 日焼け

  関連記事

男は日焼けした女が好き?色白が好き?夏にモテる女はどっち?

  女性であれば紫外線が特に気になる夏! 夏は楽しく、海にもプールにも …

日焼け対策の6つの基本とは

あなたのその日焼け対策は十分ですか? 日焼けは肌には悪です。日焼けは紫外線による …

日焼け男がモテる!夏に日焼けするだけでモテる理由

  女の子にモテたいですか? もちろんモテたいですよね。 男なら誰しも …

紫外線は梅雨の時期に対策は必要?

  あなたの紫外線対策は何月からですか?   年齢を重ねるご …

日焼けした女はモテる!女が夏に日焼けするメリット!

女だってモテたい! 男からチヤホヤされたい!   本音をいうとみんなそ …

紫外線は5月が最も多い?5月の紫外線対策は怠ることなかれ!

  あなたは5月の紫外線対策は万全ですか?   “えぇ〜紫外 …

日焼け対策しておけばよかった!日焼けで後悔しないための対策!

    あなたは女性ですか? それとも男性ですか? &nbs …

日焼け男はモテる!日焼けと一緒に行うべきこととは?

  夏に日焼けをしているとモテるのは間違いない事実です。ただ日焼けをし …

日焼けで赤くなる人、黒くなる人。どちらの方が肌にはいいの?

あなたは日焼けをしたら赤くなるだけのタイプですか? それとも黒くなるタイプの人で …

日サロで焼く!日サロの紫外線はホントに安全??

  肌を焼くには日サロでしょ! 天然の太陽での日焼けは肌に悪い。 天然 …