知りたい調べる

気になる事はここで答えをGET

紫外線対策の基本!これだけは知っておこう!

      2017/05/03

 

055738637aa0a371a270c91c7e71938e_s
あなたの紫外線対策大丈夫ですか?紫外線は日焼けをさせて肌が黒るすだけではなく、シミやたるみ、そして皮膚がんの原因になる怖い存在です。

 

紫外線に対する間違った認識と対策ではあなたの皮膚をボロボロにしてしまいます。ここでしっかりとした紫外線対策を学び今日から実践していきましょう!

スポンサードリンク


紫外線対策は日焼けしてからでは遅い!

 

日焼けをしたあとに急いでローションや化粧水、乳液などで肌のお手入れをしていませんか?それらのお手入れはとても重要です。でも、それではダメです!

日焼けした皮膚の炎症を抑えたり、ヒリヒリ感を和らげる効果はあるでしょう!しかし、すでに受けた肌のダメージをなかったことにはできません。紫外線には種類があり、シミやたるみの原因になるとされる紫外線UV-Aは確実にあなたの肌の深部へ侵入して確実に皮膚を老化させます。日焼けしてからのローションや化粧水、乳液ではダメージを回復させることはできないと考えた方が良いでしょう!

そのためには何が重要であるかというと紫外線を浴びる前が非常に重要になります。

 

紫外線対策の基本!紫外線を浴びすぎないためには

 

ご承知の通り、紫外線は地域や季節によってその強さが異なります。また、人種や個人差によって紫外線に対して抵抗性が違います。一般的に紫外線を浴びるとすぐに赤くなる人は紫外線の影響を強く受けると考えられます。特にこの様に皮膚がすぐに赤くなる人は下記の6つの紫外線対策の基本を実践しましょう!

 
  1. 紫外線の強い時間帯の外出を避ける
  2. 木陰をできるだけ利用する
  3. 日傘、帽子を使用する
  4. 長袖、長ズボンで肌の露出を控える
  5. サングラスを着用する
  6. 日焼け止めを使用する
 

当たり前のことと思ったかもしれません。そうです。紫外線対策の基本ですので当たり前です。でも、あなたはこの当たり前を全てできていますか?この当たり前がいかに重要であるか説明していきます。

 

1.紫外線の強い時間帯の外出を避ける

9c8c1dcf8c0864664f017ec32e262c1f_s
10時から14時の時間帯は非常に紫外線が強くなります。特に正午頃の紫外線は午前9時の倍ほどの紫外線があなたの肌を襲います。また7月の正午の紫外線は12月の紫外線の5倍もの量です。どうしても夏の日中に外出することはこれだけの量の紫外線に戦いを臨む覚悟と準備が必要です。

 

2.木陰をできるだけ利用する

TAKEBE_sasupensu_TP_V
紫外線を直接浴びることは肌の自殺行為に近いことを意味します。外出のときには出来るだけ木陰を利用することは紫外線対策に非常に有用です。ここで注意して頂きたいことは木陰であっても建物や地面から反射してあなたの肌を紫外線が狙っていることを忘れてはいけません。

 

3.日傘、帽子を着用する

IMARI20160806220208_TP_V
木陰を確実に作り出す日傘や帽子は有用です。帽子は特に麦わら帽子のようなツバが広い帽子は紫外線対策に有用です。気をつけたいのは木陰とは異なり作り出せる日陰の範囲は狭いという点です。長時間直射の外出ではかなりの紫外線にさらされます。

 

4.長袖、長ズボンで肌の露出を控える

 

肌が出ていた部分が日焼けをして服に覆われていた部分は白いままであるのが良い証明です。長袖や長ズボンで肌の露出を控えるのは直接の紫外線から肌を守り大変有効な手段です。さらに衣服の網目が細かいとなおよしです。網目が細かい服では通気性が悪くなり熱中症の注意が必要ですが、最近では通気性の良い機能的な衣服がありますので、利用することをおすすめします。

 

5.サングラスを着用する

LISA78_sangurasu20141018094146_TP_V
紫外線対策は肌に注目が行きがちですが、目の対策も忘れてはいけません。紫外線は目の角膜を通過し水晶体へ。そして、わずかではありますが網膜に到達します。目の紫外線対策をせずに紫外線を浴び続けると白内障などの目の病気になるリスクがあるのです。

 

6.日焼け止めを使用する

2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s
紫外線対策の基本だと思われたあなた正解です。なぜこれを最後に紹介したかというと日焼け止めさえ塗っていれば大丈夫だと勘違いする人がまれにいるからです。日焼け止めを目に塗ることはできませんし、日焼け止めを塗るよりも肌の露出を控える方が合理的です。さらに紫外線の強い時間に外出を避け、木陰をうまく利用することで日焼け止め以上の効果をはっきします。紫外線は目には見えませんが屋内でも反射、散乱し侵入してきており紫外線のリスクにはさらされています。マナーの観点から屋内で帽子を着用するわけにもいきませんが、日焼け止めを塗って対策をすることは大切です。

スポンサードリンク


紫外線対策のまとめ

 

紫外線の強は季節と時間によって異なります。紫外線が弱い時間だからといって安心し紫外線対策を怠ることは紫外線の強い時間帯に紫外線対策を行って外出した時以上に肌にダメージを与えている可能性があります。

曇っていて晴れの日の50〜70%の紫外線は地上に到達しています。そう考えれば紫外線対策を怠ることはできませんよね。日々のダメージがシミやたるみそして白内障、皮膚がんに繋がります。紫外線によって確実に肌は老化のスピードを加速させます。紫外線対策の基本の6つを確実に実践して綺麗な肌そして目を保ってください。

スポンサードリンク

 - 日焼け

  関連記事

9279845eb0298a52b75e8366e516a355_s
日焼け女性と色白女性!男性が好きなのはどっち?

夏になると美白を維持するのか日焼けを気にせずレジャーを楽しむのか迷うところですよ …

2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s
紫外線対策の基本。日焼け止めの選び方!SPF?PA?は高ければいいはウソ!

  紫外線対策の基本と言ったら日焼け止めクリームです。 日焼け止めクリ …

c560edf8143e7d3e207930f6f4c7f178_s
日焼けで赤くなる人、黒くなる人。どちらの方が肌にはいいの?

あなたは日焼けをしたら赤くなるだけのタイプですか? それとも黒くなるタイプの人で …

PAK86_higasatenshi20130512-thumb-autox1600-17637
紫外線は5月が最も多い?5月の紫外線対策は怠ることなかれ!

  あなたは5月の紫外線対策は万全ですか?   “えぇ〜紫外 …

cbdf81696a4aaa5de8098a95bd6284c5_s
日焼け男はモテる!日焼けと一緒に行うべきこととは?

  夏に日焼けをしているとモテるのは間違いない事実です。ただ日焼けをし …

cb78071a91912352a661986a782e3768_s
日焼け対策の6つの基本とは

  あなたのその日焼け対策は十分ですか? 日焼けは肌には悪です。日焼け …

VER88_sumafonayamu15150207_TP_V
紫外線対策は雨、曇りの日も必要?

  夏は開放的でなんだか明るい気持ちになる人も多いんじゃないですか?そ …

160512-10_TP_V
日サロで焼く!日サロの紫外線はホントに安全??

  肌を焼くには日サロでしょ! 天然の太陽での日焼けは肌に悪い。 天然 …

2edff8d7b6523afa22feae840e7d201c_s
日焼け対策しておけばよかった!日焼けで後悔しないための対策!

    あなたは女性ですか? それとも男性ですか? &nbs …

ab
日焼けした女性のカラダは男性の〇〇をかり立てる!

引用元:https://www.scoopnest.com/ja/   …