知りたい調べる

気になる事はここで答えをGET

熱中症が疑われた時の対応とは

      2017/03/29

熱中症は7月〜8月に大変多いく方がかかり、救急車が出動することも珍しくありません。一言に熱中症といっても侮ってはいけません。熱中症で死亡に至るケースも珍しくないのです。熱中症は予防が一番大切です。しかしながら、気をつけていたとしても残念ながら熱中症になってしまうことがあります。その反面熱中症はなかなか気がつきにくいと言われています。初期対応がうまくできなければ熱中症と言えども重篤化しますので症状と対応について解説します。

 

スポンサードリンク


熱中症の症状とは

 

まずは熱中症の症状について見ていきましょう!

 

熱中症の症状は日本救急医学会が重症度Ⅰ度からⅢ度までに区分しています。熱中症の症状は急速に進んでいきますので、Ⅰ度の症状が出始めたときに早く見つけ対応することが非常に大切になります。

 

分類

重症度

症状

Ⅰ度 軽症 めまい、失神、筋肉痛、筋肉の強張り(つる)、大量の汗
Ⅱ度 中等症 頭痛、吐き気、脱力感、体がぐったりする(熱疲)
Ⅲ度 重症 意識消失、痙攣、高体温
 

脱水になると足がつるといった症状が出ます。脱水は体温の上昇にもつながり熱中症の症状を進めますので、すぐに身体を休めて涼しいところで水分を摂取する必要があります。

 

熱中症が疑われた時の対応方法とは

 
  • 日陰の風通しのいい場所に移動する
  • シャツのボタンを開けるなどして身体の熱を放散させやすくする
  • 冷たい水(スポーツドリンク)で水分補給をする
  • 身体が熱い場合は霧吹きなどで水を身体に吹きかける
 

まずは上記の様に身体に溜まった熱を放散させることと水分を補給することが第一になります。ではなぜ霧吹きで水を身体に吹きかけるかというと水は蒸発するときに熱を奪います。蒸発しやすい水滴を身体に吹きかけることで火照った身体の熱を効率的に下げてくれます。

 

簡単なことの様に思いますが、これを異変を感じたときにいかに素早く行うかがとても大切です。木陰と水分補給は誰しもが思い浮かびますが、衣服を緩めて滞留した熱を放散させることや霧服などを身体に吹きかけるということを怠りがちです。

スポンサードリンク


まとめ

 

熱中症は誰しもがかかる可能性がある季節の病です。熱中症は何よりも予防が大切にですが、運悪く熱中症になってしまうこともあります。そんな時は早めに見つけて対応することが重篤化を防ぐ重要なポイントになります。高齢者や子供と行動することが多い方や屋外にいく際には上記のポイントを一読して頂くことをお勧めします。

スポンサードリンク

 - 未分類

  関連記事

個人型確定拠出年金(iDECo)とは?個人型確定拠出年金のポイントを簡単に理解しよう!

  2017年1月から個人型確定拠出年金(iDECo)という新しい制度 …

入学祝いのお返しはいらない?

スポンサードリンク こどもが幼稚園や小学校に入学した際に頂いた入学祝い。 お返し …

セルフメディケーション税制とは

  薬局で薬をよく買う人に朗報です。   今までの医療費控除 …

チック症の大人の悩み。チック症は子供だけの病気じゃない!

チック症と聞くと小学生くらいの子供の病気と思われる方も多くいます。 実際に小学生 …

LGBTとは?LGBTに関わるお金と法律の話

あなたは「LGBT」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? 「そもそも自分自 …

金融リテラシーとは

あなたは金融リテラシーというコトバを耳にしたことはありますでしょうか?日本人は金 …

新学期とは

日本の新学期と言えば4月というイメージがありますよね。ところが二学期や三学期の始 …

お盆休みの孫へのプレゼント!帰省する子どもが連れてくる孫への最適なプレゼントはコレ!!

盆暮れ正月の楽しみは何かありますか? 孫ができると孫の顔を見ることが 1番の楽し …

秋田県の人口減少の理由とは

2017年4月秋田県の人口が等々100万人を切りました。 1956年のピーク時に …

熱中症の盲点!室内での熱中症とは!

熱中症は炎天下の屋外で発症するものだと思っていませんか? 屋外の熱中症はもちろん …