知りたい調べる

気になる事はここで答えをGET

テレワークで判明!無能上司の特徴

      2020/05/24

今回の新型コロナウイルスの営業でテレワーク(在宅勤務)を導入した、または導入せざるを得なかった企業は多いはずです。

今まで会社に出社して仕事をすることが当たり前であって、それを何も疑うことすらしなかった人も多かったでしょう。しかしながら、今回、テレワークを行って会社に出社しなくても問題なく仕事ができることがわかった職種があったり、逆に出社しなければ今のシステムでは仕事にならないことがわかった職種や企業も多かったのではないでしょうか?企業の中では無駄なことに時間を費やしており、これをきっかけにいい様に変化をしていくことを決めた企業も多いでしょう。

社内のシステムや制度の問題ではなく、顧客と会ったなんぼの職種に従事されている方にとってはテレワークでは純粋に“やることがない”と言う状態に陥っている人も多数いるのが実際のところではないでしょうか?営業補助などの営業職が仕事をする上で必要な資料を作成したり、備品や経費処理などの企業が通常活動を行ってはじめて仕事が発生する事務系の方の仕事もほぼない様な状態になっていることでしょう。

そこで無能な上司達は“やることがない”部下に対して行いがちな行動や発言を今回は確認していきます。

テレワークで無能が行う行動

あなたの会社にこんな上司はいませんか?もしかして、あなた自身この様なことをしていませんか?

◾️毎日の定期会議

テレワークを行う様になって急に毎日会議を行う上司がいます。議論する内容もあるわけではなく、会議を設定してまで報告し確認しないといけない案件があるわけでもなく、毎日定例の会議を設定する上司がいます。本来であれば、案件に応じて会議に必要な時間は決まります。しかし、この様な無能な上司は会議をすることが目的ですので、必要以上に毎日長時間の会議を行います。

◾️必要以上に詳しい報告を求める

テレワークになり必要以上に詳しい報告を求めたり、報告書の数自体が多く求められる様になった人もいることでしょう。なぜ報告書を求めるかというと、テレワークになり、今まではデスクサイド等で簡単に口頭で確認できていたことが、確認できなくなったのである意味当然な部分があります。無能な上司の特徴はテレワークでは部下が仕事をしないと信用をしていないために仕事内容を事細かくチェックするための報告を増やします。組織ですので業務報告を求めることはある程度当然ですが、予定の業務内容と行った業務内容を箇条書きで提出する程度でいいはずが、事細かく報告を求めるのが無能な上司の特徴です。その報告書になんの生産性もありませんが、報告書を作成することに時間がかかります。報告書作成を業務報告に記入すると削除を求めるの無能上司の特徴です。

◾️リーダーではなくマネージャー

上司にはリーダーと呼ばれるタイプの人と、マネージャーと呼ばれるタイプの人がいます。どちらが優れていると一言で言えるものではないですが、今回のテレワーク下では明らかにマネージャータイプの上司に無能な人が多いことがわかります。

簡単にリーダーとマネジャーの違いを確認しておきます。リーダーはビジョンを示して部下に主体性を持って考え行動させます。部下をリードするようなイメージです。マネージャーは行う仕事を管理することに重点をおき行動します。本来は両方のスキルをうまく状況に応じて組み合わせて使う人が優れた上司です。

今回のテレワークでは自宅の中では仕事をしていないと考え、部下のことを信用していない上司がサボらせないために会議を設定したり、報告書を作らせたりして在宅での行うことを強制的に作ります。その多くは本来の業務に必ず必要な幹となる仕事ではなく、枝葉中の枝葉、ともすれば全く必要のない枯葉であることも多いです。時間を埋めるための会議を設定していることはまさにそれですね。

◾️実は無能上司こそ仕事をしていない

ここまでご覧いただいてお判りかと思いますが、無能上司ほど仕事をしていません。正確に言えば、“必要な仕事”をしていません。必要のない会議を行うことで、その上司自身の時間も奪われますし、部下の時間も奪われます。その無能な上司のチームは誰一人として生産性のある仕事を行っていないのです。

無能な上司はなぜ生まれる?

テレワーク下でなぜ無能な上司は生まれるのでしょうか?

無能な上司の共通点は創意工夫すること、自分の頭で考えることが非常に苦手で、さらにその上からの指示がないと動けないという特徴を持っています。

テレワークという全く今までと異なるスタイルで仕事をしないといけない状況えは今までの仕事の仕方と全く変えなければいけません。今までの考え方の延長で物事を考えていては全くダメです。無能な上司は今までの延長線上でテレワークを行い、部下の管理を行おうとするから残念な上司となります。

無能上司が少しでも減れば、もう少し日本もよくなるでしょう。

 - 仕事・キャリア

  関連記事

職場での人間関係を上手く構築する〇〇の方法

あなたは職場での人間関係に悩んでいることでしょう! このページはそんなあなたの人 …

MR不要論!爆発!

緊急事態宣言が出されてからというもの、どの職種の営業マンはかなり時間を持て余して …

アフターコロナは転勤消滅?

今回の新型ウイルスの影響でテレワークを“せざる得ない”環境になった方は多かったは …

緊急事態宣言解除でテレワーク解消?出社にストレスを感じる人続出!

2020年4月に緊急時代宣言が発出され、5月25日の安倍総理の会見で全国の緊急事 …

アフターコロナに向けて準備しておくスキル

新型コロナウイルスで日本の働き方は完全変化します! 働き方だけではなく教育や生活 …

テレワークで業務改善急務!しかし社内システムが変わらない本当の理由。

あなたの会社はテレワーク(在宅勤務)を行なっていますか。 今回テレワークが取り入 …

MRを目指す就活生必見!MRの仕事内容とは?

MRとはMedical Representativesの略であり医薬情報担当者と …

成功者がやっているちょっとしたコツ

  あなたは仕事で良い結果を収めたいですか? 職場や友達との人間関係を …

テレワークでわかった!会議の本当の意味

みなさんの会社は現在どの様な状況でしょうか? 店舗業務をされている業種であれば、 …

テレビ会議中で残念な上司の特徴まとめ

新型コロナウイルスの営業で今まで以上にテレビ会議システムを利用する機会が多くなっ …